大阪・阿倍野の一級建築士 清水正勝のコラム
[ 前を向いて歩こう! (2011.1) ]

2011年になりました。

新年を迎えて、
「今年はどのような年にしようか」と
毎年思うのですが、
結局いろいろな事を考えすぎて
中途半端になってしまします。

今年もありきたりですが、
前を向いて進まないと、じり貧になるばかりなので
「前を向いて歩こう」と今の段階ではしておこうと思います。

経済関係の雑誌やインターネットのコラム等を読んでいますと
時代の変わり目とよく言われているようです。

私も漠然とそう感じるのですが
説明ができません。

日本は人口減少がおこっていて、経済規模が減ってきている
マスコミではいいニュースが少ない
(というより意図的によいニュースを伝えないのか、
マスコミにアンテナの感受性が落ちているのか・・)

と言ってしまうと、気持ちが沈んでしまうので
やはり、前を向いて歩かなければ・・と思います。

さて、建築関係での最近のキーワードはやはり「環境」です

環境と一言では言えないのですが
・自然エネルギーを積極的に使って、エネルギー消費量を押さえましょう
・エネルギー効率のよい設備を使いましょう
・地産地消を進めて移動等によるエネルギー消費を減らし
かつ地域経済を盛り上げていきましょう
のような気がします

しかし、昨今言われている環境対策がされている住宅には
最初にかかるお金が高価になりがちです。
太陽光発電は200万円程度を始め、
住宅の基本性能に加えて環境対策をする費用をプラスしていくため
どうしても高くなります。
一部の人の為だけが環境対策を実践していると
言っても仕方ないように思います。

江戸時代の住宅は地産地消、自然エネルギーの利用と
今言われてる環境対策はバッチリです。
そのような家がいいと思うのですが
現代の生活や都市化にマッチしていないように思います。

われわれ建築にかかわるものが考えいかなければ・・と思います。

また、リフォーム等の再利用、再生も多く行われています。
耐震改修なども自治体が補助金をだして推進しています。

今、知り合いの建築家が大阪・中崎で耐震改修を行おうとしています
私も少し手伝いをしていまして、後日報告が出来ると思います

改修は工事がなかなか大変で費用もかかってきますが
そのあたりも報告出来ればと思います

阿倍野再開発で阿倍野キューズモールが今年の春に開業します
阿倍野筋も道路巾が広くなりそうです

時代が動いているようです・・・


戻る