大阪・阿倍野の一級建築士 清水正勝のコラム
[ 建築見学 「犬島」 (2010.10) ]

先月のコラムでご紹介いたしました
『瀬戸内国際芸術祭』のうち犬島へ行ってきました。

今年の夏の暑さがいつまで続くのか・・という日に行きました

写真はそのうちの
犬島アートプロジェクト「精錬所」です

これは犬島に残っている銅の精錬所の遺構を再生した美術館です
大きくないので展示物の少なく、ゆっくりと楽しむにはいいのかもしれません

散策するところがあり、瀬戸内海の眺めがなかなかいいので
はやり天気のいい日に見学に行かれることをお奨めいたします

犬島では「家プロジェクト」があり、ギャラリーをつくって
島を再生していこうというのもらしいです
その建物を妹島和世さんが設計しているので
やはり見てみないと・・というところはありました

どうしても建物に気がいってしまって・・・
構造は・・・納まりは・・・と

雑誌でみてイメージした通りの建物で
大変上手にできているなあ・・
でもパンチが・・・
それって必要か・・・
と自問自答しながら見ていました

この建物?はアクリルで出来ていて
ちゃんと屋根の防水や排水も出来ていました
内部は空調がしてあり、見た通りの最先端の建物?でした

集落を歩いていて、突然UFOが下りてきたような形をしていて
ビックリ!しました
内部に入ると、音が反響して、それでもビックリ!

やっと普通の家に出会った!と思いましたが
映像のアート作品を見る小屋で、半分がその機械のスペースで
うーん といった感想を持ちました

なかなかこじんまりとした島で
天気がいいと本当に気持ちがいいです

気分転換にはもってこい島で
岡山から直通バス(期間中)が走っていて
時間を計算できます

岡山なのできび団子をお土産としました


戻る