大阪・阿倍野の一級建築士 清水正勝のコラム
[ 現場雑記 (2010.08) ]

春ごろから進めていました店舗が
この夏にようやく開店しました。

木造建物の改装によるものなのですが
以前の建物lから今の姿をなかなか想像できません。

でも、なんでも出来るんだ。(お金と時間があればもっと・・・)
と改めて感じた現場でした。

上記の写真が工事前なのですが
予算の関係上、仕上げや照明、エアコンなどにしかお金をかけられず
建物の構造や雨水の対応は最小限の予算で進められました。

とは言っても、やはり雨の対策は大事なので
工事が始まってからは、施工者と相談をして
可能な限り対応してもらいました。

上記の写真は奥の物置でしたが、何とか倉庫にできないかと
防水紙と土間コンクリートを打つことで、湿気の対策をしています。

長くもつものではありませんが、10年はもってほしい
との願望もあります・・・

上記の写真は下屋の軒樋なのですが
それが室内を貫通しています。(怖ーい)

本来ならば下屋の屋根からやり替えて
樋を取ってしまうのですが、
それをすると結構な金額がかかり
雨漏りをしていないようなので
現況のままで内装をすることにしました。

仕上がりはなかなかきれいで、樋が隠れていることは分かりません。

上記の写真は内装が進んだ時点のものです。
柱は構造上必要なので残して、目立たないようにします。

天井はエアコンを納めるために下がり天井とし、そこにエアコンを
隠ぺいしています。
この部分は追加となりましたが、
意匠上すっきり納まったのではないかと思っています。

天井の段差ができるところは間接照明として、高級感?のある
仕掛けとなっています。

さて内装が終り、家具を入れることになったのですが
この現場の一番の問題点なのですが
床がフラットではないことです。

通常、床は水平なのですが、今回は予算上
既存の床を利用することにしました。

そうしますと、家具を置くと
斜めになるために、かさ上げをして調整する必要があります。

上記の写真はそれを調整しているのですが
5cm以上のところがあり、監督さんなかなか苦労されていました。
(細かい対応、ありがとうございます。)

出来上がった店舗は普通の店舗となんら変わりないように思います。

これはひとえに施工者である監督さんや職人さんによるところが多いです。
本当にありがとうございました。


戻る